[読書メモ]『大根の底ぢから!』

p4 なにかを飲み食いすることは、じつのところ人知を超えたものに支配されていると言ってもよい。 p23 どうも料理というものも、つきつめていくと、だんだんと単純なもののおいしさに行き着くような気がする...

Continue reading