[読書メモ]『海外パックツアーをVIP旅行に変える101の秘訣』

p12
旅行の疲れは1週間もたてば消えてしまうものです。でも、あの湖の美しさは、私の心に一生とどまるでしょう[。]

p25
現在、パッケージツアーは限りなく個人ツアーに近づく傾向にある。

p26
エアオン/「エアーオンリー」の略。航空券のみの手配

p26
ホテルのみの手配を「ホテルオンリー」と呼ぶ。

p26
パッケージツアー/正式名称は「募集型企画旅行」という

p108
航空業界では、「I」は「1」と見間違えやすいので座席番号に使われることはない。

p129
日本発のエコノミークラスのホットミール一食の予算は、1500 ~ 2300 円程度なのだ。

p152
激しく文句を言うことでトラブルを解決する時代は終わったように感じる。トラブルはスマートに処理するものになっている。

p182
個人的にはスーツケースを、セーフティボックス代わりに使うことが多い。貴重品をひとまとめにして、スーツケースに入れて、きっちりとカギをかけておく。スーツケースを開けっぱなしにしておいて、中身が抜き取られたという話は聞くが、スーツケースごとなくなったという例はほとんどない。夜間外出の際などは、肌身離さず持っているよりも、かえって安全である。

p196
値段は「見ない、聞かない」というのが、日本人ならではの「粋」なのかもしれない。しかし、海外では違う。

p196
サービス料(”Service” “Gratuity” などと表記される)

p209
チップ[…]は、元来 “To Insure Promptness” の頭文字をとったものだ。

p214
旅程保証制度ができてからというもの、訪問地観光は「車窓観光」なのか「下車観光」なのか、あるいは「入場観光」なのかの区別も、しっかりと併記されている。

p273
そんなとき、ちょっと贅沢に、エアポートポーターに頼んでみてはいかがだろう。

p285
複数の航空会社を乗り継いで目的地に着いたような場合、実際にはどこで壊れたのかわからない。そんなときは最後に乗った航空会社に補償責任が生じるのがルールだ。

p291
「旅」ほど、つねに不確定な要素にさらされた商品もない。

p295
高さ日本一の横浜ランドマークタワー(296m / 70 階)がそのまま横になって海を進む姿が想像できるだろうか。現在の主流となっている客船の大きさはちょうどそれくらいなのだ。ちょっとやそっとの波ではびくともしない。

p325
夫婦は必ずどちらかひとりが後に残されます。

【誤植】
p152
誤:激しく文句を言うことでトラブルを解決すえる時代は
正:激しく文句を言うことでトラブルを解決する時代は

p196
誤:Guratuity
正:Gratuity

p221
後ろから7行目がインデントされていない。

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍