iPhone SE が届いた

私はメインのモバイルデバイスとしては iPad Pro 9.7″ を使っている。

iPhone 6 も持っている。だけど、スマートフォンはどんなに注意しても中毒になってしまう。そういう風にできているんだよ。だから意識して iPhone とは距離を置くようにしている。

iPhone でできることは iPad ですべて用が足りる。

電話は、普通の電話をやめて IP 電話に切り替えているので、iPad から掛けられる。受ける電話はすべてスマート留守電に転送し、どうしても必要と思ったときだけ掛け直す。電話に振り回されるのは嫌だからね。私に連絡したいときは? メールが一番です。

読める、聞ける、新しい留守番電話サービス「スマート留守電(スマ留守)」|ソースネクスト
www.sourcenext.com/product/smart-rusuden/

SNS アプリも中毒になるから入れない。Facebook も mixi も iPad のブラウザでアクセス。アプリの通知なんかなくても、メールで通知が届くようになっている。Twitter クライアントは入れているけど、2番目以降の画面に、しかもフォルダーの中に入れてあえてアクセスしづらくしている。

iPad は大きいので出先で気軽には広げられない。これも意図的だ。iPad を広げるのが億劫に感じてしまう。そのかわり、本を開いて読むようになるのだ。

さて、では iPhone を全く使っていないかというと、それなりに使っている。どうしても iPad を広げにくい混雑した電車の中で乗り換え案内を確認したり、買い物リストをお店の中で見たりといったことだ。

でも一番の利用はカメラだ。確かにスマートフォンよりデジカメのほうが写真撮影に向いていると以前も書いた。

デジカメ > スマートフォン – 読書ナリ
dokushonary.com/2017/01/12/digital-camera-is-better/

しかし、気軽に写真を撮れるという点でスマートフォンは使いやすいんだよ。さっと取り出して、さっと撮影。そしてさっとしまう。何事もなかったかのように撮影できる。しかも、私は海外版の iPhone なのでシャッター音も鳴らない! 別にコソコソする必要はないんだけど、気が楽というのは大事なのだ。

そろそろ本題に入ろう。

父がしょぼい Android に悪戦苦闘しているので、妹が父に iPhone を送りたいという。買うなら大きいサイズの iPhone がいいけど、それなら私の iPhone 6 を父に譲り、私に新しい iPhone SE を買ってくれるという。iPhone 6 を買うより安いし、私も前からコンパクトな iPhone SE をほしいと妹に言っていた(妹も iPhone SE を使っている)。

買ってくれるなら海外版がいいと妹に伝えると、それなら私が自分で買ってほしいそうだ。海外から買い物をするのは妹にはハードルが高いので(実は簡単なんだけど)。というわけで、自分で注文し、お金を妹から受け取ることになった。

海外版の iPhone の購入はこれまで Expansys を利用していた。

SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品 – EXPANSYS 日本
www.expansys.jp/

ただし、マージンをそれなりに取られるし、ほしい iPhone SE は取り扱っていない。ということで、アメリカの Apple のオンラインストアで購入し、転送業者を利用して日本に届けてもらうことにした。

転送業者としては malltail を利用。過去に数回利用したことがあるし、手数料もそんなに高くない。転送作業も迅速だと思う。

総合TOP|個人輸入代行、海外発送サービス【malltail】公式サイト
jp.malltail.com/

Apple のオンラインストアで注文し、届け先住所を malltail にする。malltail から商品が届いたという通知のメールが来るので、手数料を支払うと、日本に送ってくれる、という寸法だ。

日程としては以下のような感じだった。

6/17 Apple オンラインストアで注文
6/19 Apple から出荷される(FedEx)。
6/22 malltail に商品が届く。手数料を支払う。
6/23 malltail から出荷完了(クロネコヤマト)。
6/26 日本に到着。
6/28 我が家に届く。

注文から 10 日で届くんだから、結構早いよね。

malltail への手数料は約 3,000 円(送料を含む)。関税が 2,500 円(自宅に届いたときに、クロネコヤマトに着払いとして支払う)。iPhone の料金に加えて 5,500 円程度の諸経費で済む。安いと思う。

肝心の iPhone は昔使っていた iPhone 5 のサイズに戻り、コンパクトでいい感じ。カメラとして使うんだから小さくていい。これでカメラの性能は iPhone 6 より上がっている。

色は今まで所持したことがないローズゴールドにした。新しい色に挑戦したかった。ストレージは最大の 128GB にした。

開封時のソフトウェアのバージョンは Ver.10.2.1 。すぐにアップデート。結構すぐに端末が熱くなる。さらに充電をしていると、今度は持てないレベルに熱くなった。大丈夫かなと思っていたけど、すぐに温度が下がった。何だったんだろう。


開封動画。

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍