家に表札を付けた

私は戸建て賃貸すなわち、貸家に住んでいる。

でも、家のオーナーがいい加減な人で、家の登記をきちんとしていないようなのだ。土地の中に2棟の家があるんだけど、ひっくるめて一つの住所になっている。このことは前の住所から住民票を異動した際に区役所の人に言われて気付いた。

それぞれの家には一応名前が付いているけど、外から見ても何のの標識もない。要するに2軒の区別が付かない。

これで何が問題か。場所がきちんと特定できないので、諸々の手続きで自分の家の場所が業者等に伝わらない。水道の開通手続きの際も電話で問い合わせがあった。ネットを引こうとしたときは、サポートセンターの人に Google Map で調べた緯度を伝えることで家の場所を登録してもらった。

そして一番の問題が、郵便物や宅配便の人が困ることなんだよ。よく、家の前でうろうろしている配達員の人がいる。「○○さんでよろしいでしょうか」と聞いてくる。近所の人に聞いている配達員もいた。不在票が違う家に入ったこともある。

Postcrossing をやっているので外国からポストカードがよく来るし、Amazon 等でよく注文するので配達がきちんと届かないのは困る。

住民票はとりあえず両方の家と一緒の「大枠の住所」で登録した。

そして玄関に表札を付けることにした。

実は私の母はトールペイントが趣味である。トールペイント教室で先生をやるぐらいのレベルらしい。実家にはトールペイントの作品がいろいろ飾ってあるし、私も時々オブジェ的なものを作ってとお願いすることがある。だから表札を作ってもらうことにした。

デザインはネットで適当に探してきたフクロウにして(私はフクロウが好きだ)、名前はアルファベットにしてもらった。そして、住所も併記。これで配達員も困らないはずだ。

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍