[イギリス] クリスマスプディング

本ブログは 2023 年 12 月 14 日以降は https://dokusho.nary.cc/ へ移行します。
本記事の新 URL: https://dokusho.nary.cc/2018/01/04/christmas-pudding/

イギリスの伝統的なクリスマスケーキである「クリスマスプディング」について、何かの本で読んで知っていた。しかし、これまで食べたことがなかった。

去年の 10 月にイギリス旅行に行った際に、Waitrose というスーパーマーケットでクリスマスプディングを売っていたので、日本へのお土産として買ってきた。賞味期限が1年以上先だし、クリスマスに食べるつもりだった。しかし、12 月は母の手術のため急遽帰省し、実家でクリスマスを過ごしたため、クリスマスプディングはクリスマスを過ぎた年末に食べた。

クリスマスプディングは作った後熟成させると美味しくなると言われている。だからイギリスの家庭でクリスマスプディングを作ると、それは1年先のクリスマス用だったりする。買ってきたクリスマスプディングも、10 月時点で “6 month matured” と書かれおり、6ヶ月間熟成された商品ということになる。熟成されていることを売りにしているのだ。

開封してみると、フワッとブランデーの匂いがした。見た目はあまり美味しそうに見えない。しかし、実際に食べてみると、適度な甘みでとても美味しかった。

食べ終わった後に、商品の包みをよく読んでみると温め直して食べるとよいと書いてある。そのまま食べちゃったよ〜。まあ、それでも十分美味しかったんだけどね。

荷物になるので1人分ぐらいの一番小さい商品を買ってきたが、次にイギリスに行く機会があればもっと大きいものを食べたい。

その他の写真はこちら。
https://gallery.dokushonary.com/#15440698532815

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍