[読書メモ]『自分のリミッターをはずす!』

p27
催眠とは自分で自分にかけるものだからです。

p37
人は自分の重要度によって目の前の世界を見ているからです。

p37
人は重要度によって世界を見て、現実を加工しています。

p83
相手の視点で世界を見るということです。

p85
多くの催眠術師は自分が催眠をかけている時は、実は自分も催眠状態になっていることを理解していません。

p87
東大生と官僚が催眠にかかりやすい理由は、言葉に対する感受性が高いということです。/基本的に彼等は情報の暗記を得意とします。情報とは言葉で構築されたものであり、特に受験勉強における情報は言葉そのものです。

p91
自分の能力の限界は自分のイマジネーションの限界です。

p109
どうすれば、自分が優秀だと思えるのか? といえば、一番効率的なのは成果を上げていくことです。

p161
呼吸をコントロールして自分の身体をほんの少し酸素不足の状態にするためです。

p164
私の読者にとっては「もう知っている」という感覚が先にたって解説文をよく読もうとしないことがあるからです。完全にスコトーマ(盲点)になっています。

p167
身体が一度、その感覚を覚えてしまうと、いつでも一瞬にしてリラックス状態を作ることが可能になります。

p174
変性意識とは物理空間とは別の世界に臨場感が移った状態ですが、なぜ、物理空間から離れる必要があるのでしょうか?/それは現実という物理空間が奴隷の世界だからです。

p190
武士たちの戦いのモチベーションは常にお家の存続でした。つまり、武士とは戦いのエキスパートではなく、警備のエキスパートなのです。

p192
無駄な争いを避けるための最も効率的な方法は、自分を強く見せないことです。強そうに見せてしまえば、相手はそれに合わせて多くの武器を準備し、大軍で攻めてくるでしょう。そうなれば、多くの武士たちが死ぬことになってしまいます。

p194
いつまでもぬるま湯に浸かっていては自分が望む未来は手に入れることはできません。

p206
私たちはどうしても図式化やそれまでの経験や知識の範疇で物事を捉えることのほうが好きで、じっくり観察することや感じ取ることを疎かにしがちなんですね。

【誤植】
p95
誤:『自分のリミッターをはずす! 変性意識入門・催眠編』
正:『潜在能力を最高レベルに引き出す 変性意識入門・催眠編』

p228
誤:http://sato-works.main.jphttp://sato-works.main.jp
正:http://sato-works.main.jp

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍