[映画] “Sicario: Day of the Soldado”

恐ろしい話だけれど、それなりに楽しめた。

何度となく繰り返される俯瞰映像が快感だ。

子供視点で見ると怖い。戦場のようなところに巻き込まれるんだから。

誘拐犯と同じ集団が誘拐救出をする、マッチポンプなところが面白い。ありそうでなかった展開じゃないかな。

メキシコはどんなに野蛮な国なんだよ・・・。救いがない現状を、混沌とした世界として描かれている。訳が分からないし、頭がゴチャゴチャになる。

別々の話が途中からクロスするのも面白かった。

まさかの展開になったビックリしたけど、そこで巻き返しがある楽観的なところがアメリカ映画的だ。ヨーロッパ映画とかだとそのまま死んじゃいそう。

それと、少年がトラックから降りることは「改心」を意味するのかと思った。「さっきはごめんなさい」と助けに行くのかと思った。___そんな甘ったるい話じゃなかった。

いろんな意味で怖いエンディング!「おじさんと、君の将来について話そうか」。

評価:3/5

Amazon.com: Sicario: Day of the Soldado [Blu-ray]
www.amazon.com/dp/B07DY2HFV4/

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍