乾燥機を買い換えた

以前、洗濯機と乾燥機を買ったことを書いた。

[購入レビュー] 洗濯機と乾燥機を購入した – 読書ナリ
dokushonary.com/2017/07/31/bought-a-new-laundry-and-drying-machine/

衣類乾燥機 DE-N60WV : 洗濯機・衣類乾燥機 : 日立の家電品
kadenfan.hitachi.co.jp/wash/lineup/den60wv/

あれから1年半経ったけど、乾燥機が壊れた。1ヶ月ほど前から乾燥の際に音が大きくなった気がしていた。1週間には急に音が大きくなり、キュキュキュブンブンと鈍く擦れる音がする。脱衣所のドアを閉めても外まで聞こえるぐらいだ。乾燥機の性質上、脱衣所の窓は開けるので、近所迷惑でもある。

音は以下の動画のような感じだ。

日立乾燥機 DE-N60WV 異音-20190420 – YouTube
www.youtube.com/watch?v=r_TnQCjCh8c

そしてついに動かなくなった。乾燥開始から数分でピーピーというエラー音と共に停止してしまう。よく見ると、乾燥機の後ろに黒っぽい粉が落ちている。アヘン・・・ではなく、何かが摩耗して粉を出しているようだ。

購入時の書類を確認してみると、洗濯機は6年保証なのに、乾燥機は1年保証しか付けていなかった・・・。有料修理になりそうだ。やはり、こういう機械系がガチャゴチャ動く家電やプリンターなんかは壊れやすいから、保証は長めに付けておいたほうがいいね。

日立のサイトから申し込んで2日後には修理に来てもらえた。

出張修理のWEB受付:日立の家電品
kadenfan.hitachi.co.jp/support/inquiry/repair/web.html

見てもらったところ、中の軸がガタガタになっており、回転するとガタガタ当たって音がするようになったそうだ。どうやら一般家庭としては酷使しているほうらしい。普通は日に1回ぐらい動かすのが普通らしいが、我が家は日に2、3回動かすのが普通だからなあ。こういう故障が発生しやすいのは、介護施設のような業務として使うところが多いみたい。

交換修理で直してもらえるが、修理代が2万3千円。5万円弱で買った乾燥機が1年半で修理に半分の料金を持っていかれる。それなら新品を買い直すことにした。次はちゃんと保証を付ければまた壊れても無料で直してもらえる、そう思ったからだ。

そういうわけで、修理の出張代と検査代で数千円を支払い、日立の人には帰ってもらった。

新しい乾燥機を検討するには、まずは「価格コム」でチェックだ。これで評判のいい商品が分かるし、オンラインショップの相場も分かる。

価格.com – 日立 DE-N60WV 価格比較
kakaku.com/item/K0000832343/

なお、乾燥機は洗濯機の上に、専用の台を買って乗せている。だから日立以外を買うと台も買い直さなければいけないので、日立を買うつもりだ(できればいろんなメーカーの商品を使いたいのが本音なんだけどね)。

せっかくだから、最新の性能がいい商品を買おうと思っていたんだけど、所詮乾燥機。なんと未だに今使っている乾燥機がランキングのトップだったし、日立からはその後も新商品が出ていない。現状維持は避けたいところだけど、コスパを考えると同一機種をもう一度買うことにした。

となると、実物を見る必要さえない。最初はオンラインで目星を付けて、実店舗で実物をチェックした上で保証のちゃんとした家電ショップで買うつもりだった。でも、ビックカメラ、ヨドバシカメラなど大手家電ショップは実店舗とオンラインで価格も変わらないだろうし、サービスもきちんとしているはず。だから、もうネットで買うことにした。価格を比較したところ Joshin が一番安く、5年保証も付く。在庫もある。ということで、そこに決定した。

最短の日数で、注文から5日ほどで届けてもらえることになった。その間コインランドリーに通ったりもした。コインランドリーの業務用乾燥機はよく乾燥するのは魅力だけど、何しろ不潔な感じは好きじゃない・・・。

金額としては、本体料金が 53800 円。古い乾燥機は約 3564 円で引き取ってもらえ、新乾燥機の設置に 2000 円。長期保障として 2640 円。何かの割引(?)が 1050 円。合計 61004 円だった。

届いた乾燥機も問題なく動作した。

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍