30 日チャレンジのハードルを上げた

今朝は「30 日チャレンジ」達成のご褒美として、「いいホテルの朝食」に行ってきた。

30 日チャレンジとは、30 日間毎日何らかのプチチャレンジを継続することだ。達成後は自分へのご褒美をあげることにしている。

達成後のご褒美は今のところ、いいホテルでの朝食にしている。やや高めの朝食だからご褒美になっているし、何よりいいホテルを「自分にふさわしい場所」としたいので、これを機に通っているわけだ。

ホテルは最初はいい服で行くようにしていたけど、段々ラフな格好にしている。普段通りであることは大切だからね。普段がロクな格好をしていないのなら、逆に普段のクオリティーを上げればいいんだ。

30 日チャレンジは、毎日挑戦することとして最初は「ファーストフードやジャンクフード、スイーツを食べない」だったが、今回は「プチ断食」。前日の夕食から 18 時間何も食べない(すなわち朝食を食べない)のがプチ断食で、過食気味な私の胃を休めるのが目的だ。

プチ断食は最初は結構辛かった。夜や朝、何か食べたくなるのを我慢するんだから。でも、慣れちゃうんだよ。プチ断食に限らず、30 日チャレンジのようにシステマチックに習慣化をできる仕組みを実践すれば、案外簡単に「普通なこと」「自然なこと」になってしまうのだ。これは「大抵のことは習慣化できちゃうんかも」という自信にも繋がった。もう何もしなくてもファーストフードやらは食べないし、プチ断食も毎日できるようになった。

では、次は何にチャレンジしよう。

これまでのチャレンジは「悪習を絶つ」デトックスを目的としていた。それは単に「避ける」だけから、消極的なチャレンジとも言える。それゆえに、私にとって簡単だったのかもしれない。

それならこれからは「すること」に挑戦しよう。「毎日したいこと」を積極的に実践していく。

そうだなあ、とりあえず次のチャレンジとしては、(中途半端に放置している)英単語の暗記を毎日やってみようかな。「英単語を毎日 10 枚見る」みたいな感じで。

こんな感じでチャレンジ内容はどんどん変えていき、自分のバージョンアップさせていこう!

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍