ルービックキューブ世界大会2019を鑑賞、そして 2x2x2 に挑戦

私は 3x3x3 は今年の3月にできるようになった(一応過去にもできてはいたけど、忘れていた)。ワイフが出産入院していたときの付き添いは退屈なので、その時ルービックキューブを練習していたのだ。1分 15 分前後で揃えられるようになったし、今でも時々練習している(練習しないとすぐ忘れる)。

ちょうど昨日まで「ルービックキューブ世界大会2019」がオーストラリアのメルボルンで開催された。YouTube でライブ配信されいたので観てみた(現在はアーカイブとしてて観ることができる)。

DAY4「ルービックキューブ世界大会2019」Live配信!3×3×3部門他 – YouTube
www.youtube.com/watch?v=q84HPEzVc98

こういう競技大会でトップ選手のキュービングを観るだけで、ルービックキューブを解くスピードが速くなる。それはなぜか。

ルービックキューブをしたことがない人は「ルービックキューブなんて絶対無理!」と思っているだろう。でも、世界のトップ選手は6秒台で揃えてしまう。そういうのを見ると、「やろうと思えばできる」と気付ける。所詮同じ人間だ。

これはルービックキューブに限らない。サラリーマンで「脱サラなんて絶対無理!」と思っている人は多くいるはず。私もサラリーマン時代はそう思っていた。でも、本で読んだりして脱サラの疑似体験をしたりすると、やろうと思えばできちゃうと思えたし、実際できてしまった。

こんな感じで、自分の行動を妨げているメンタルブロックは意外と簡単に外すことができる。これに気付けばいろいろなことができるようになる。

さて、ルービックキューブの 3x3x3 も一応できるようになったことだし、次は他のパズルに挑戦したくなった。ルービックキューブにはいろいろな種類があるので、その中でも簡単そうな 2x2x2 を始めてみることにした。実はキューブ自体はすでに eBay で買っている。数百円で「新品」で買ったんだけど、傷だらけで明らかに使用品だったので、クレームを言うと返金してもらえた。だから無料で入手できた。

最初はネットで説明サイトを探したしたけど、いろいろ覚えることがあって大変そう。そこで YouTube で以前から注目しているルービックキューブの解説をしている人を思い出した。その人は J Perm というユーザー名でルービックキューブを分かりやすく解説している。

J Perm – YouTube
www.youtube.com/channel/UCqTVfT9JQqhA6_Hi_h_h97Q

そのなかで 2x2x2 の初心者向けの解説を見つけた。

Learn How to Solve a 2×2 Rubik’s Cube (Beginner Tutorial) – YouTube
www.youtube.com/watch?v=GANnG5a19kg

これに従えば、たった2つの手順を覚えるだけで 2x2x2 ができてしまう。実際ビデオを見ながら 30 分程度で 2x2x2 ができるようになりました!

ちなみに 2x2x2 のほうが 3x3x3 より単純な構造なので、回す際の力が入りがちだ。だから、2x2x2 をした後に 3x3x3 をすると力が入ってキューブが分解しそうになると気付いたりもした(分解しても直せる)。

もちろんもっと覚える手順を増やせばスピードを早めることができるが、今はとりあえず揃えればいいという段階なので良しとした。だいたい1分程度で揃えられるよ。

次は 4x4x4 に挑戦したいとワイフに言ったら、「3x3x3 を 60 秒以下でコンスタントに出せるようになってからね」と言われた。しばらく 3x3x3 を頑張ろう・・・。

また、J Perm さんの動画は英語なので、また気が向いたら 2x2x2 を日本語で解説するページでも作ろうと思う。

ルービックキューブ2×2 Ver.2.1
メガハウス(MegaHouse) (2018-06-22)
売り上げランキング: 1,022
> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍