[映画] “WALL-E”

名古屋松坂屋美術館のピクサーの展覧会に行く前にピクサー作品の鑑賞。

2008 年公開時に映画館で観ているんだけど、ずいぶん前の作品のような感じがするのはなぜかな。

一人ぼっちが友達を見つけるというモチーフは好き。本作は友達を見つけるというより恋人を見つける話。イケてる女子を好きになるラブコメだ。

オープニングから「ウォーリーかわいい!!!」という感じで、すぐに感情移入。ロボットに心があるんだ! と思わずにはいられない。

Apple ネタ等がちょくちょく入っているのも面白い。

エンドロールの最後の最後に小ネタあり。

評価:5/5

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍