[午前十時の映画祭] 『テルマ&ルイーズ』

午前十時の映画祭 15 本目の作品。

「テルマ&ルイーズ」上映作品詳細 – 午前十時の映画祭10 デジタルで甦る永遠の名作
asa10.eiga.com/2019/cinema/915.html

初鑑賞。

前回の午前十時の映画祭『時計じかけのオレンジ』がトラウマで、初鑑賞映画ということであらすじをネットで読んでしまった。しかし、やはり映画はまったく先入観ゼロで観に行きたいものである。

昨晩子どもが何度も夜中に起きたせいか、眠たいまま観に行ったので案の定中盤はかなり寝てしまった・・・。

大量のパトカーに追跡されるシーンは映像的快感がある。音楽は『ブレードランナー』と似ているような。そんな感じで、一見ガールズ・ムービーっぽい感じなのにアクション映画、SF 映画のような雰囲気だった。

ブラット・ピットが若い。

最後の終わり方は直前で予想できるね。

久しぶりに午前十時の映画祭を平日に観に行った。客は5人程度しかいなかった。

本作でもってTOHOシネマズのマイルが 6000 マイルたまった!

いつの間にか映画泥棒の映像で多言語(中国語、韓国語など)でも警告が表示されるようになっていた。

評価:3/5

鑑賞日:2019-11-1(金)10:00~12:15
映画館:TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
スクリーン:プレミア1
座席:指定席
料金:1100円(オンライン予約)
字幕版(字幕:戸田奈津子)

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍