[読書メモ]『スピード読書術』

p105
たくさん読めば読むほど、自分が知らないこと、わからないことの多さに気づきます。逆にこれが少し読む程度だと、自分が知っている小さな知識にしがみついてしまって、「わかったつもり」になってしまいます。

p112
読書に関しては昔から、読む人は膨大に読み、読まない人はほとんど読まない、という二極分化の傾向があります。

p170
新書の魅力はなんといっても、同じフォーマットでさまざまな分野の知が揃っていることでしょう。

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍