[読書メモ][Kindle]『宮台真司・愛のキャラバン』

Location 38-38
夜な夜な街の女性たちと魅力の駆け引きを繰り広げてきた。

Location 42-43
上品で内省的で、知的だ。彼らの口から発される言葉と醸し出す雰囲気は、道ゆく女性たちだけではなく、知的関心の高いネット上の数多の若い男女をも魅了している。

Location 180-181
「異常な熱量」をもってナンパにコミット

Location 214-216
対人恐怖症やパニック障害などがすごく早いスピードで治っていくのを目の当たりにして「これは使えるな」と思って、カウンセリングのひとつの可能性としてナンパの講習を捉えるようになりました。

Location 285-285
アウェアネス・トレーニング──当時は自己啓発セミナーと言いました

Location 303-304
今まで自分ができなかったことができるようになるので、要は勘違いなんですけれど、「自分がバージョンアップした」ような気持ちになれるんですね。

Location 384-384
僕はその「得体の知れなさ」に関心を持って、ハマりました。

Location 558-560
リストカッターを含めて自傷系の子は、周囲のリアリティを遮断して繭の中にこもるワザを習得しています。つまり〈変性意識状態〉を自分で作り出す訓練を日頃からしているわけです。だから〈変性意識状態〉に入りやすい。

Location 762-763
しかし、〈ここでもないどこかelse-where〉なんて〈どこにもないno-where〉んだと思い定めて、日常に耐えていたりする。

Location 860-860
対人恐怖症的に感覚を閉ざした人がいっぱい

Location 881-881
ミメーシス(感染的摸倣)

Location 1251-1252
催眠状態って、そこに意識を置かずとも自分を変化させられる状態のことなんですよね。

Location 1253-1254
立石くんがへらへらしているのは自己防衛の一種でしょう? 「どうせダメだろうし、ダメならダメでイイモン」みたいな感じですね。

Location 1308-1309
普通に道を聞かれる感じでしょうか?(編注:こういった声かけは初心者がナンパを始める際の定番的な手法であり、いわゆる「誠実系ナンパ」と呼ばれる)

Location 1322-1323
【ここから先は有料コンテンツになります】 (なりません)

Location 1371-1372
地蔵(編注:「ナンパしよう」と決意して街に繰り出すも、いざ女の子に声をかけようというときに勇気が出ず、街中で立ち尽くしている状態のこと)

Location 1377-1380
そういうことが言いたかったの! 自分に関心を持つのはやめて、他人や対象に関心を寄せるんです。いいですか?「自分に関心を寄せるほど自分の価値が減っていく」という摂理があります。なぜか。他人にとって意味がある存在になれないからです。

Location 1384-1386
このような「意味のない内省」をしてしまうとき、他者は魅力以上に恐ろしいものとして目の前に立ち現れます。そして他人や対象より自分に関心が寄ってしまいます。

Location 1409-1411
非常時の相手を見たことがない以上、期待が外れて当たり前。だからどんどん期待する。ナンパで言えば、知らない相手である以上、期待が外れて当たり前。だからどんどん期待する。さもないと話が進みません。経済取引じゃないんだから、信頼ベースで行くんです。

Location 1414-1414
ミメーシス(感染)

Location 1463-1465
立石くんはすぐ頷くんですよね。今みたいな感じで。僕が「これがこうなってるから、こうなんじゃないの?」と言っても「ハイハイ、わかってます」みたいな感じで、自分の中に飲み込まないんですよ。

Location 1619-1621
だから「楽しいことを探す」というよりは、立石くんにしろ誰にしろ、喜ばしくないような傷つくこと、やるにあたって怖いけど気になってしまうことって必ずたくさんあると思うんですよ。じゃあそこから始めればいい、

Location 1659-1659
完全なナンパサイボーグ

Location 1678-1679
学びへの強い動機は、学ばなければならない必然性についての、恣意的ではない体系的な理解があって初めて、持続可能になります。

Location 1695-1696
目標に到達するのに必要なことからバックキャスティング(逆算)して、今とるべき態度を決める。

Location 1697-1699
今の男子は、相手に彼氏がいるとわかると萎えますが、彼氏や旦那がいたほうが実はやりやすいのです。 なぜか。女性は、今付き合っている男に対し、必ず何らかの不満を持つものだからです。

Location 1784-1786
するとその女性に「あなたのキスは『自分のことをわかって! わかって!』というものだから、あなたとは付き合えない。あなたのお母さんの代わりになる人はいないのよ」と言われました。

Location 1789-1790
だから、「自分をわかってもらいたい」といった母親を探すような感覚でナンパしている人は、永久に願いは叶えられないんだろうな、と思います。

Location 1844-1845
この種の男は、女に吸い込まれる形で〈ここではないどこか〉に向かおうとはしません。〈ここ〉での自分にしか関心がない。

Location 1860-1861
大好きな子を時間が経つほどますます好きになれる構えを採るのが賢明です。

Location 1898-1899
男に言われてやっているだけで、そこから「意味のある体験」を引き出していないからです。

Location 1900-1902
なぜ、そういう女の子が増えたのか。理由は「自分が本当にやりたいこと」を言えない、言っちゃいけないと思う子が多いからです。そういう子が多いのはなぜか。理由は「本当にやりたいことを言えば男が引いてしまう」と思うからです。そして現に男が引くんです。

Location 1903-1905
(スワッピングとは、愛し合っている複数のカップルが、パートナーを交換して行う集団性行為のこと。単純な乱交であるオージーとの違いに留意)。

Location 2050-2051
「死に番」(編注:ナンパ用語のひとつで、女の子の番号をゲットしたものの電話してもつながらないこと)

Location 2180-2180
耳学問

Location 2497-2499
次に、経験的にいうと、女が男をハンティングするのは簡単で、目を合わせるだけでいいんですね。じっと見るのが変だと感じるなら、何度もちらちら目が合うようにするのです。こうした本当に簡単なシグナルを送るだけで、男に「いける!」と思わせられます。

Location 2531-2532
僕があらかじめ「こっちはヤバイ」「こっちはオッケー」とガードレールを敷いて歩かせるからうまく行くというのは、ダメです。

Location 2593-2595
だから自分の予想通りの結果を得て、頭では満足でも実感としては不満足、という感じだと思うんです。僕から見ると、「結局、自分の頭の中で考えたものから出る気はないんだろうな」と思います。

Location 2628-2630
彼はきっと頭はいいんです。でも、こうやって自分の頭の世界の中だけで完結させることを繰り返していると、Yさんが望んでいるものは一生、手に入らないと思います。

Location 2924-2924
ノイローゼのように記しているブログ

Location 3016-3016
なにかすべてを見透かされているような強烈な感じを受けた。

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍