[読書メモ]『読書会入門』

p141
私達は誰もが多面的にできています。その中には大なり小なり、簡単には社会や他人と折り合いがつけられないもの、他人に受けいれられないものもあるでしょう。それを隠し通すことができれば受けいれられ、知られてしまえば排除される。これで本当に安心できるでしょうか。

p149
自分の好きなものを好きと言えず、本当の自分をひた隠しにして日常を過ごしている限り、どんなに他人に褒められたり、評価されたりしたとしても、心から満たされ、自己評価を高めることはできないでしょう。

p150
もともといた自分の世界をもう一度見つめ直してみると、きっとそれまでとは違って見えるはずです。今まで、何一ついいことがないと思っていた日常の中にも、実は思わぬ楽しみが見つけられるかもしれません。嫌なやつばっかりだなんて思っていた身の回りの人たちに、思わぬ長所が見つかるかもしれません。あるいは、やっぱりここは自分の居場所ではなかったと、腹を決めて新天地に旅立つことになるかもしれません。それだっていいんです。自分にもこんなことができるんだと、自分自身をも見直すきっかけになるはずです。

p165
読書会を開催するのはそれほど難しいことではありません。

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍