録音ブーム

最近のマイブームは録音だ。

子どもを連れてどこかに行く際、保育園や病院などでは大事な話をすることがある。ふと気付いたのが、子どもがいると周囲へのアテンションが下がるということ。つまり、子どもが気になって他の人との会話があまり頭に入らないのだ。

ということで、保育園で説明を受けたり、病院に行く際は会話を録音することにした。直前に録音機のスイッチを入れて、カバンの外ポケットに入れておけば、綺麗に録音できる。

録音には Roland R-05 を愛用している。リニア PCM 録音ができるハイエンド IC レコーダーだ。セミナーや講演会での録音でも活躍している。

Roland – R-05 | WAVE/MP3 Recorder
https://www.roland.com/jp/products/r-05/

ちなみに私は大学生のころ実験音声学を専攻していた。卒業論文でも Roland R-05 の旧モデルを使った。

たしかにもっと安い IC レコーダーはある。でも、こういういい機種を使うと驚くほどクリアに録音できる。

Roland R-05 の唯一の欠点は起動時間が遅いことだ。電源を入れ、録音開始まで数十秒掛かる。それぐらい待てばいいんだけど、さっと録音を開始したいじゃないですか。私はスペック厨でもあるので、最新のもっといい機種が欲しいと思ったりするが、今は我慢している。

試しに R-05 を Mac の外部マイクとして使ってみたら、Mac でも高音質で録音できた。ディクテーションなどでも使えそう。音声認識は最近は精度が高いし、タイピングより速い。腱鞘炎気味の時も活躍しそう。

あと、子どもの声や会話を高音質に録音するのもいいかも。

そういうわけで録音機を使うのは面倒だと思っていたが、今は楽しくなったし、カバンに入れて持ち歩いている。

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍