[レビュー][電動歯ブラシ] Philips ダイヤモンドクリーン 9000(HX9911/10)

私は 2014 年から電動歯ブラシを使い始めた。Philips の「ダイヤモンドクリーン HX9303/04」だ。

DiamondClean 9000 ダイヤモンドクリーン9000 HX9911/10 | Philips
https://www.philips.co.jp/c-p/HX9911_10/diamondclean-9000-sonic-electric-toothbrush-with-app

6年間使ってきた電動歯ブラシが先日、スイッチを押しても電源が入らなくなった。どうやら落としたときに壊れたようだ。本体がスベスベしているし落としやすいんだよ・・・。

6年前と比べて安い電動歯ブラシのラインナップは増えているが、毎日使うものだしいいやつに買い換えることにした。「Philips ダイヤモンドクリーン 9000(HX9911/10)」だ。Philips から出ている電動歯ブラシの最新モデルである。

開封写真のスライドショーは以下。

HX9303/04 はボタンが一つだったが、HX9911/10 は電源ボタンとモード切替ボタンが別々になった。それとスマートフォン・アプリと連携させることもできる。

ブラシは毎月替えるようにしているんだけど、公式ブラシは高いので私はサードパーティ製の製品を使っている。

特に最初の充電は時間が掛かるようだ。公式サイトにも最大 24 時間掛かるかもしれないと書かれている。私のは 12 時間ぐらい掛かった。

参考:
フィリップスソニッケアー歯ブラシの充電方法 | Philips
https://www.philips.co.jp/c-f/XC000002027/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B9%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B1%E3%82%A2%E3%83%BC%E6%AD%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%81%AE%E5%85%85%E9%9B%BB%E6%96%B9%E6%B3%95

さっそく使ってみたところ、ブラッシングのパワーが上がっている。それによってさらに振動するし、大きな音がでるようになった。振動の強さは調整可能だ。

振動や音が大きいのは別にいいんだけど、そのせいで歯磨き中に落としてしまった。一応壊れなかったっぽい。前も落として壊したんだから、買って数日で壊したくないよ。。もうちょっとグリップ感があるハンドルにすべきだ。あるいは wii リモコンの落下防止紐みたいなのが必要だ。私は持ち手部分に輪ゴムを数カ所巻くことにした。


輪ゴムを巻いた。

アプリ連携に関してはユニバーサルアプリではないので、私のように iPad で使おうとすると iPhone 用のレイアウトとなる。そのせいか、アプリとの接続がうまくいかない。最初は繋がったのに、その後は繋がらなくなった。そもそもアカウントがすぐにログアウトしてしまう。使えない・・・。

充電の挙動もおかしい。HX9303/04 では充電時のみに充電器を兼ねるグラスに立てていた。しかし、HX9911/10 ではたとえ満充電でも使用していないときはずっとランプが点滅する。おしゃれな感じでいろいろなところが光るんだけど、これだとすぐにバッテリーがなくなってしまう。


未使用時の点滅。何のためなのか。


落下したあと点滅の仕方が少し変わった。壊れてる・・・!?

かと思いきや、ブラッシング後に普通に消灯するときもある。その違いは何なんだ。不具合なのか、そういう挙動なのか。そのあたりがマニュアルにもウェブにも情報がない。未使用時は充電グラスに立てておくべきなのか、あるいは充電するときだけでいいのか。

一応ちゃんと磨けているので、とりあえずは良しとする。

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍