[子育て] 名古屋市科学館の「PIXAR のひみつ展」に行ってきた

ワイフが休日出勤となり1歳児を1日一人で世話することになった。名古屋市の広報誌で見つけた、名古屋市科学館でやっている「PIXAR のひみつ展」に行くことにした。

PIXAR のひみつ展|イベント・ライブ|ディズニー公式
https://www.disney.co.jp/eventlive/sciencebehindpixar.html

TOP|PIXARのひみつ展|名古屋展覧会
https://static.chunichi.co.jp/chunichi/pages/event/pixar/

その日は日曜日。基本的に混雑が予想される休日はこういうところには行きたくないんだけど、まあ PIXAR ならそんなに人は集まらないだろうと思ったのだ。それが間違いだと後になって気付くことになるんだけど。

朝 10 時に名古屋市科学館に到着。当日券を外の券売機で買った。休日は一般料金が 1800 円。現金のみだ。案内のおばちゃんに、「今日は混んでますかね」と聞いてみたら、朝の今の時間帯だとあまり混まないという。混んでいるようだったら先に常設展に行けばいいと言われた。


小さいチケットは、もぎられてさらに半分に。なくしそう。

建物入口で消毒液による消毒を求められた。そして検温。息子は抱っこひもで抱いていたのでハンディー検温器みたいなやつで、私はスマートフォンのモニターみたいなやつに表示される検温器で検温された。

特別展の会場は理工館地下2階イベントホールだ。先ほど外で「混んでいれば先に常設展を見ればいい」と言われたが、一旦入ると出られない。そして中に入らないと混雑具合は分からない。おばちゃんのアドバイスは当てにならなかったということだ。

体験型の展示なので特別展入口でポリ手袋を渡された。それと、再度消毒液での消毒をさせられた。結局私は何にも触らなかったのでポリ手袋は使わなかったが。

中は、混んでました・・・。

道筋が決まっていて進んでいくタイプではなく、自由に動き回るタイプの展示だ。コインロッカーを使わなかったので荷物が多かったし、この混雑では子どもを自由に歩かせられる感じがしなかったので、ずっと抱っこしていた。

特に何も言われなかったが、写真は自由に撮っていい感じだった。

スタッフが頻繁にスプレーの消毒液で展示を消毒していた。消毒はいいことなんだけど、それほど汚いものなのかと思って逆に触りたくなくなる。

子どもは車が好きなので『カーズ』の展示には少し反応していた。しかし、見た感じ『カーズ』の展示は2つのみ。混んでいて写真も撮れなかった。


唯一撮影できたのは、ルービックキューブを持ったウォーリー。

ゆっくり見ることもできず、10 分もしないうちに出た。まあ、いつも私は美術館や博物館は混んでいたらざっと見るだけで出てしまう。

特別展専用ショップにも寄った。小さなショップだったが、やはり息子は『カーズ』関係のグッズに反応。シールブックだけを買った。


1000 枚以上のシールが収録されている! 2288 円。


ウッディの買い物袋は 20 円だったが付けてもらった。

* * *

その後上の階の常設展にも行くことのしたが、少し入って気付いた。子どもを抱っこひもから下ろして自由に歩かせてあげようと。すると、動き回る子どもを世話するには、抱っこひもや、上着やら荷物が邪魔になる(子どもと出かけると荷物がやたら多い)。荷物をコインロッカーに預けたい。スタッフに聞くとコインロッカーは1階にあるという。

コインロッカーは常設展へ向かう階段の、横の通路を進んだところにある。ロッカー利用料は 100 円で、使用後に返却されるが、100 円玉が手元になかった。受付で崩してもらった。お金を受け取っている最中に子どもが出口ゲートから出たりしてちょっと大変だった。

後で分かったが、コインロッカーの通路をさらに進むと食事もできる休憩室がある。そこにはさらに大きなコインロッカーがある。息子はその中に入って遊んだりしていた・・・。

そしてようやく常設展だ。以前結婚する前に今のワイフと一緒に来たことがあるが、ほとんど内容を忘れていた。1歳児には内容を理解できるようなものではないが、科学館だけあって体験型展示が多い。子どもはいろいろ触って遊んでいた(COVID-19 的によくないのかもしれないけど)。特にミニチュアシティーみたいなところで、電車の模型が走ったりする展示に興奮していた。

1階にトイレがあり、一応オムツを替えられる台があるが、小さくて使いにくそうだった。しかし3階で個室(2部屋ある)のベビールームを見つけた。そこでオムツを替えた(1階のコインロッカーまで降りて、オムツを取りに行ったよ・・・)。オムツ用ゴミ箱はなかったが、個室で落ち着いて交換できたのはよかった。

結局、科学館内を何度も上がったり降りたりした。特別展で地下2階へ降り、常設展へ向かって上の階に上がり、やはりコインロッカーを使うため1階に戻り、再び上の階に上がり、展示を見ながら何度も上下し、最後は1階のコインロッカーにオムツを取りに行き、3階のベビールームでオムツを交換して、そして1階に降りて帰った。何回上下往復してたんだよ・・・。疲れた。。こういう博物館系は1人で幼児を連れて行くのは大変だと分かったので、次はワイフが一緒にいる時にしようか。子どもは(特に常設展で)それなりに楽しんでくれたようだ。

PIXAR 作品は全部観ているが、特別展は平日のすいているときに改めて行くほど興味は湧かなかったかな。

参考:
松坂屋美術館の「ピクサー・ザ・フレンドシップ」に行ってきた – 読書ナリ
https://dokushonary.com/2019/09/05/pixar-the-friendship/

その他の写真はこちら。
https://gallery.dokushonary.com/#16072485835808

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍