iPad から Twitter アプリを削除した

『時間術大全』を読んだ。

そこで、スマートフォンから SNS アプリケーションのような時間を奪うものは削除するか、毎回ログアウトせよと書かれていた。

実践することにした。

私は iPhone は電子マネーとして以外は基本的に使わない。メインの端末は iPad なので、そこから Twitter、Pinterest、eBay などは削除した。iPad でやらなくても Mac でやればいい。

万が一どうしても iPad で使いたい状況になったら、その都度再インストールする。そんなことは簡単にできる。

iPad には Tweetbot という Twitter クライアントをインストールしていた。削除の際にログアウトをしようと思ったが、その方法が分からなかった。以下のサイトで分かった。

「Tweetbot」からログアウト(Tweetbotに登録しているアカウントをアプリのみから削除)する方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト – usedoor
https://usedoor.jp/howto/web/apps/ios-tweetbot-logout-account-sakujo/

Mac でも Tweetbot をメインの Twitter クライアントとしているが、Chrome ブラウザでも見る。トレンド等のごちゃごちゃしたものを非表示するのには uBlock Origin という拡張機能を使っている。

uBlock Origin – Chrome Web Store
https://chrome.google.com/webstore/detail/ublock-origin/cjpalhdlnbpafiamejdnhcphjbkeiagm

SNS 等の時間を奪うようなアプリケーションを iPad から削除してしばらく経つが、心が穏やかになっている気がする。Twitter のタイムラインを見たり、どうでもいいツイートをする代わりに、電子書籍を読んだりしている。

参考:
Tweetbot for iOS
https://tapbots.com/tweetbot/

Tweetbot for Mac
https://tapbots.com/tweetbot/mac/

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍