後悔は後出しジャンケンにすぎない

惜しいチャンスをのがして後悔したことは何度もある。

でも結局、後悔というのは「後出しジャンケン」にすぎない。

その時どきで自分はできる限り精一杯のことをした。私の能力不足も合ったかもしれないが、偶然の重なりで起こったこともある。あとからごちゃごちゃ考えても仕方がない。

失敗なりをしたときは、そこで学んだことを検証し、次に活かせばいい。

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍