しこり摘出手術を終えた 2022

しこりの摘出をしてもらうことになったと書いた。

再びしこり摘出手術をすることになった – 読書ナリ
https://dokushonary.com/2022/04/13/the-lump-in-my-back/

一昨日が手術日だった。

僕は子どもの頃から石灰化上皮腫(せっかいかじょうひしゅ)ができやすい体質で何度も摘出をしている。過去の石灰化上皮腫では、摘出後にそこがケロイドとなったことになった。

今回もひょっとしてケロイドなのではという気がした。ケロイドの場合は、テープと塗り薬で治せたので、ケロイドの場合は手術が不要だ。

先生に聞いてみたところ、単なるケロイドの可能性は低く、皮膚に残っていた石灰化上皮腫が大きくなったものだろうと言っていた。やはり手術が必要だ。

手術はすぐ終わった。担当は若い美人な先生で(精神衛生上)気持ちよくやってもらえた。ここは美容皮膚科もやっているので、若い先生が多い。

その日の夜は痛みが出てきたので処方されたロキソニンを飲んだ。

テープを貼っているし、傷が開いたらいけないので、大きな動きはできないし、子どもを抱っこするのが難しい。しばらく行動が制限されそうだ。

昨日は再び病院へ行き傷口の消毒をしてもらった。また夜に痛みが出たので再びロキソニンを飲んだ。

あたらしい皮膚科学 | 清水宏 |本 | 通販 | Amazon
https://amzn.to/3jPCrJq

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍