スギ薬局で無料 PCR 検査を受けてきた(3回目)(受けられず)

無料 PCR 検査が実施されており、これまで2回受けている。前回のレビューはこちら。

スギ薬局で無料 PCR 検査を受けてきた(2回目) – 読書ナリ
https://dokushonary.com/2022/04/15/pcr-test-at-sugi-pharmacy-2/

特に制限なく受けられるのが4月末までなので、前回から2週間経ったことだし、3回目を受けに行ってきた。最も確実かつ安全なパンデミック対策は、「出歩かないこと」と「検査を何度もすること」だから。

近くのスギ薬局は1人ずつしか検査ができないようになっている。前の人がいると 20 分近く待たされることになる。だから朝一に行くようにしている。スギ薬局が開く9時に行ったら、10 時からに変更されたという。ネットの情報では「9時から」となっているままだ。

愛知県PCR等検査無料化事業|検査事業者登録申請
https://www.aichi-pcrfree.jp/list

仕方なく出直した。先客がいると面倒なので 10 時前にはスギ薬局にいて店をブラブラし、10 時ジャストに PCR 検査をやっている処方箋受付へ行った。

すでに先客が2人いた。

スタッフがやってきて、キットは2つしかなく、明日以降も入荷するかどうか分からないという。そう、もう4月が終わってしまうのだ。

他の店舗にあるかもしれないと言われたが、おそらく同様になくなっているだろう。ブラブラ探し回るのもパンデミックのリスクを高める。電話は嫌いなので電話での問い合わせもしたくない。

残数2だということは9時に行った時点でスタッフは分かっていたはずだ。「早めに来たほうがいいですよ」などと、なぜ教えてくれなかったのか。

もういいや。

今後は有料の郵送での PCR 検査をしようか。月2回ぐらいはやりたい。

「もういいや」と思うのは連中の思うつぼだろうが、連中に対抗しようとしたりするのは無駄な労力だ。バカに付き合ってはいけない。

本来、誰もが気軽に受けられる無料検査を潤沢な在庫を用意して実施するのは感染拡大において当然なことだ。オンラインで各店舗の在庫確認をできるようにシステムを作るのも簡単なことだ。

やろうと思えばできること。でも、やらない。それが無能な行政というものだ。

日本人というのは昔から合理的なシステムを考え、実行するのが下手だ。

Amazon.co.jp – 【新版】組織行動のマネジメント―入門から実践へ | スティーブン P.ロビンス, 髙木 晴夫 |本 | 通販
https://amzn.to/3rY8Wtz

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍