[午前十時の映画祭]『マトリックス』

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』に引き続き、普段の外出自粛を解除して映画館へ。

本当は『トップガン マーヴェリック』を観たかったが、上映時間が限られていていい映画館を見つけられず、久しぶりに午前十時の映画祭へ行ってきた。観たのは『マトリックス』だ。

マトリックスは過去に観ている。2007 年から鑑賞映画を記録しているが、今年観た “The Matrix Resurrections” を除き、シリーズのどの作品もそこには載っていなかった。つまり 15 年以上前に観たきりだったわけだ。当然まったく記憶になく、ほぼ初見状態だった。

本作が公開されたのは僕が高校生の頃。当時クラスで夢中になっていた男子がいた。

映画館で観るのは初めてだが、リバイバル上映で鑑賞できてよかった。マトリックスがこんなに面白い映画だったとは知らなかった!

昔観たときの記憶はないが、それでも気持ち悪い映画という印象しかなかった。虫がへそから入るシーンだけは覚えていた。

たしかに結構こわい映画だし、気持ち悪いシーンもちょくちょくある。

現実と非現実が区別がつかなくなったり、機械に支配される世界という点で、『インセプション』や『ターミネーター』にかなり近い世界観だ。

ネオが ctrl + c とタイプしていたシーンが一瞬映っていた。今の僕ならこれがコマンドラインにおいて中断コマンドだと分かった。

続きを観たい。次回の午前十時の映画祭で続編が上映されるようだが、映画館で観たいと思いつつも自宅で観よう。

午前十時の映画祭だけど、上映開始は 10:35 だった。

今回行ったのは「ミッドランド スクエア シネマ」。僕が名古屋でも特に嫌いな映画館の一つだが、アティチュードを変えてあえて行ってきた。

この映画館が嫌いなのはロビーの居心地が悪いから。混雑するとすぐゴチャゴチャになる。今回も混雑していて、相変わらずのゴチャゴチャぶりだった。

映画はネットで予約した。会員登録はしていない。ただなぜか確認メールが届かなかった。スクリーンショットを撮っておいて正解だった。

ただ音響がいいと思った。大音量でもマイルドな音で、耳が痛くならない。

この映画館で初めてのプレミアムシートに座った。座席が大きくて、左右に広いアームレストがある。高い仕切りがあり、上映中以外は仕切り上部にライトが点灯する。左側に荷物置きがある。背もたれは高い。この映画館の特徴だが座席はレザーシートだ。

エアコンが効きすぎて寒かった。夏は上着を持って行くという、映画館通いの基本を忘れていた。久しぶりだからね。

2日間久しぶりの映画館に行ったが、やはり今は家で観るのが一番だ。感染リスクの不安があるままでの外出だと十分に楽しめない。

評価:5/5

鑑賞日:2022-8-8(月)10:35~13:00
映画館:ミッドランド スクエア シネマ
スクリーン:スクリーン5
座席:指定席
料金:2300円(オンライン予約、プレミアムシート)
字幕版(字幕:林完治)

Amazon | マトリックス ワーナー・スペシャル・パック(3枚組)初回限定生産 [Blu-ray] | 映画
https://amzn.to/3BMB5JJ

> 本記事のタイトルとURL をコピーする <

書籍